HOME > 全地域情報 > 公共施設 > 茂漁川

茂漁川

名称
茂漁川
住所
北海道恵庭市
茂漁川

清らかな茂漁川 茂漁川は、恵庭の西方から東流し恵庭市街地を流れ漁川に合流する川です。川の中には沢山の生物が泳いでおります。川の付近は場所により草木が緑でとても美しい景色を観察することが可能です。
古い歴史があり、現在の美しい茂漁川の流れは恵庭市民によって培われてきた歴史の1つでしょう。



  • 茂漁川

    アイヌ語で「モイチャン」(鮭が産卵する小川)に由来し、かつては鮭が遡上する川でした。その後急速な恵庭の市街化が進み、また水害による被害等により鮭は遡上しなくなりましたがその後、市民の手によって現在の美しい茂漁川が保たれております。

  • 茂漁川

    水面には緑が溢れ、水面に映し出される緑が川の流れを引き立てとても美しい流れを見せます。




  • 茂漁川

    茂漁川のほとりをランニングや散歩をしている人が多く、水面には水中生物たちの姿が。夏の茂漁川はとても美しいです。



■編集者からのコメント

水中に生きる生物や、水浴びをする野鳥たちにとっても大切な茂漁川。そんな自然溢れる茂漁川をいつまでも見守っていきたいと思います。

カテゴリアーカイブ

リンク

恵庭観光名所レポート

ページのTOPへ戻る